2017年9月の日誌
| 前々月 | 前月 | 翌月 | 翌々月 |




9 月 23 日 (土)  



政宗公から15代邦宗までに 側室は何人いたか?

45人

その方々の 俗名・父名・没年月日・法号・享年・葬地・所生子女等を調べ 墓碑の形態・規模を実査し 論文を発表した方が居ます。

2015年7月に、仙台藩主伊達家の墓碑考察 と題して  黄檗山萬福寺刊 黄檗文化134号に 発表された 秋元茂陽 様です・

2016年5月24日から月末迄 仙台に長期滞在し 旧伊達領・江戸・宇和島に所在する 伊達家の側室、公子公女のお墓を丹念に調査されました。
2016年5月24日 天龍閣で 対談を致しました。 色々ご教授頂きました。

この度 続・仙台藩主伊達家の墓碑考察(側室編)を 刊行され ご送付頂きました。

2018年には 伊達家の公子公女編を刊行されます。

日本で 只1人の 大名家墓碑の調査・研究家です。

これまで、伊達家以外で

萩藩主毛利家の墓碑考察   平成24年7月刊
佐賀藩主鍋島家の墓碑考察 平成27年7月刊
淀藩稲葉家の墓碑考察    平成28年7月刊
を頂きました。

江戸大名墓総覧 は宮城県図書館で閲覧 必要箇所を複写しました。


経ケ峯で 伊達家の御廟・墓碑をガイドをしている身に 非常に参考になります。感謝申し上げます。


本図書 閲覧希望の方は 黄檗宗の寺院にて各年次の「黄檗文華」を 閲覧されるが最適と思います。



本日のガイド

9時早々から。
新潟からの5人、
船橋からの御夫妻

75歳、71歳 で ガイドは何歳ですか 私達は・・・。
無料ガイド居る時は聞くことにしている。見ただけでわからない事を教えてくれると 旅慣れしています。

大津からのご婦人を案内された 生粋の仙台商人の御婦人
生粋の方 大町頭の生まれで タゼンさん同様 伊達家の時代からの店で 時代に合わせ 業種転換 現在に至ると 旧姓も語られました。
名刺頂けませんでしたが 再会を約しました。

時間無制限で ガイドを使い慣れした方々 で あかとんぼ としても 楽しいガイドが出来ました。






9 月 22 日 (金)  



蘆名家滅亡

昨日の続きです。

 「蘆名騒動 角館・御家断絶と再興事件」 江井秀雄著 無名舎出版 刊 を持参 仙台市博物館に。
菅野正道先生に

1.蘆名家は 天正17(1589)年6月 摺上原の戦いで 伊達政宗公に敗れ、会津蘆名家は終焉した。
 先生は、「蘆名氏旧臣に至っては数十家が伊達家に仕えた」との事ですが、その背景は何でしょうか?

2.「蘆名騒動」96頁に、会津譜代33名とあり、 江戸崎48000石時代の家臣が侍350余名 その他足軽等との合計で500余人とあります。
 足軽は 計算外でしょうか?

これについて

1.天正14(1586)年12月22日蘆名19代隆氏が3歳で亡くなり、血脈が途絶えた。
 この際、伊達家から政宗公弟 小次郎を 当主に迎えるとする派、佐竹家から佐竹義宣弟 義廣を 当主に迎えるとする派があった。

 この伊達家から向かえるとした人々が 伊達家に仕官したと見ていいだろう。

2.足軽等は、古文書等に 記録されていないに等しく 計算外になります。

と ご教示頂きました。感謝です。


一時 南奥羽で 覇を競った 伊達家と蘆名家  の明暗は何か?
厳格な内部統制と それを実行出来る 権力の継承 に尽きるにでは。








9 月 21 日 (木)  



「伊達政宗と煎餅 独眼竜 京都で探す」

大崎葛西一揆裏幕説 弁明で 京都に滞在中に 一揆鎮圧の同志で まだ奥州に滞在中の浅野長政に 
天正19(1591)年2月25日 送った 政宗公の書簡に、

「さてさて約束のせんべい者(は)、はや参候や、御き(気)にあい申候や、御ゆかしく候、・・・」と書き添えいます。

長政から、京都の煎餅を手配するよう依頼されたのでしょうか?
”約束の煎餅はもう届いたでしょうか、気に入ってくれたのか、気になってしかたがないです”

の内容は、龍と称される強面の政宗とは異なる印象です。

貞享元(1684)年刊行 京都の地誌「ヨウショウヒシ」(漢字検索困難)には、
京都六条の名物として煎餅が挙げられ、焼くとあちこちふくれあがって鬼の顔のようになることから、鬼煎餅とも呼ばれたそうです。

一口に煎餅といってもいろいろあったはず。
政宗が送った「約束の煎餅」とはどのようなものだったか。気になるところです。


以上の内容が 「和菓子を愛した人たち」虎屋文庫 山川出版社刊 に掲載されています。


虎屋 は 室町時代後期に京都に創業した あの羊羹の虎屋です。
紫式部から牧野富太郎に至る 日本の歴史を代表する 人物と菓子のエピソードが 記されています。

政宗公 は 頼まれたもうせ 吟味した煎餅を 送ったでしょう。
あかとんぼ 煎餅が大好きです。政宗公が 更に みじかになりました。


講演会

主催  明治青年大学史学部
講師  仙台市博物館 菅野正道 学芸普及室長
演題  伊達政宗の人事政策

結論  政宗公は 適材適所の人事政策をとった。

質問  先生が 180分間 熱く講義したのに 全く質問が無いには 
     真面目に聞いていたか問われる事。
     先生に 失礼では 無いでしょうか?

     江戸中期 伊達家の軍役規定 有事の際に藩士が引き連れる兵の数は、
     100石当たり 本人を含め 4人程度。
     他家だは 2〜3人程度。
     4×62万石÷100石で 24000人なる。との お話でしたが

     幕末の北方警備 又 戊辰の役の際 この規定が有効に機能したでしょうか?

補足  政宗公は 服従した領主 滅ぼした大名の家臣を大量に召し抱えた。
     家禄100石以上の伊達家家臣に 大内・二階堂の旧臣に出自をもつ者 
     各各10〜20家、蘆名氏旧臣に至っては数十家に及んだ。

     と 講義されました。

     伊達家家臣家臣とならなかった人々は どうなったか?


     蘆名家は 天正17(1589)年6月 摺上原の戦いで 伊達政宗公に敗れ、
     会津蘆名家は終焉。
     当主蘆名義廣は 兄佐竹義宣を頼りに常陸國に逃れる。、
     常陸國江戸崎48000石の領主に。

     関ケ原の戦い前 徳川家康から12萬石を提示されるも、兄佐竹義宣共に
     西軍に結果的に加担。江戸崎48000石は没収される。
     兄佐竹義宣と出羽國に移り、
     慶長8(1603)年 出羽國仙北郡角館 16000石の地行が与えられた。

     承応2(1653)年 蘆名初代佐原儀連から24代 千鶴丸4歳で歿 お家断絶。
     翌年から 蘆名家再興運動が始まる。56名歎願書に署名。
     半数以上が会津以来の蘆名家代々の家臣。

     再興運動 敗れ 明暦2(1656)年7月 佐竹家家老戸村十太夫義國の命で 
     16士が 檜山に。
     (戊辰の役後 どうなったか?)
     民謡秋田音頭に 秋田名物 八森ハタハタ・・・・・・檜山納豆・・・・
     と唄われながら  2008年人口1267人と何もない町。

     概略書きました。
     詳しい事は 「蘆名騒動 角館・御家断絶と再興事件」 
     江井秀雄著 無名舎出版 刊 をお読みください。

     


     



9 月 20 日 (水)  



録画

NHKタモリの高野山 昨日 複数の方から 失敗しない録画方法 について 遠隔指導を頂きました。

伊達家墓所  (遠い地 奥州 伊達政宗公の伊達家の墓所)と丁寧に説明 放映してくれました。

此処は入口に近い左手に所在する 伊達家墓所
更に進み 右手に 伊達政宗公と殉死者20人  瑞鳳殿の配列での墓石での 供養墓が ありますが、 流石 2度は無理か 映しませんでした。

ある方から「僕も 亡くなれば 高野山に祀って貰える」 と 言われた 日本を代表する企業の供養墓も 映されました。


「三途の川を渡り 極楽浄土に 行けば スマホも使えない身では 声も聴けない 寂しいネ」に。
「霊界通信 が発達しているから 極楽浄土でも 話せる」と 返って来ました。

霊界通信 と 現世通信が 相通ずれば 政宗公が殉死者20人を 同行した心情が 聞けるが?


BSTBSのオデマンド 観たの 連絡頂きました。

パソコンで見る オデマンドは 録画は 素人の技術では 無理 との事でした。



9 月 19 日 (火)  



秋晴れ

テレビ

昨晩 21時からBS TBSの「吉田類の酒場放浪記」で、瑞鳳殿ガイドの会副会長佐々木真理子さんが 案内している様子が放映されました。

仙臺城本丸跡の騎馬像前で 吉田類さんが(いざ出陣)と 雄叫び。
画面が 瑞鳳殿に変わりました。
62石段を 伊達家の家禄 62万石を表していると 吉田類さんが語り。

涅槃門から 佐々木真理子さんのガイドに。ずばり 字幕に 肩書 氏名が出ました。
本殿 政宗公にご対面して頂き 「わりと 優しい お顔」のコメントを頂きました。

全体 写真 綺麗です。

政宗公ご尊顔 アップで 即  定例の居酒屋に。

BS TBS オデマンド で24日まで 見れます。是非 ご覧ください。



廣瀬川 六橋

クイズ 廣瀬川には 44橋があります。鉄道・地下鉄の橋は除きます。
さて、ループルバスは、何橋渡るでしょうか?

渡る順番に

霊屋橋    60.60m 完成 昭和10年
評定河原橋  110m 完成 平成8年

大橋        116m 完成 昭和13年
牛越橋   134.6m 完成 昭和29年

澱橋     137m 完成 昭和36年
中ノ瀬橋    240.8m 完成 昭和58年

仙台と市総合研究機構刊 広瀬川ハンドブック による。

仙台市内観光施設?の管理者が ループルバスに乗り 一般市民の目線で ボランティアガイドが活躍している施設を巡った際、
意識にあったが、実際に 6回 廣瀬川を渡り 実感されたと 語っていました。



9 月 18 日 (月)  



台風一過

7時夜来の激雨が上がり、8時風も治まりました。

境内は杉等の落葉が ペルシャ絨毯の厚みで 地面を覆うています。
次長以下 瑞鳳殿職員 総出で 履き集め 捨て場に運んでいました。

間もなく 非番の局長が駆けつけて来ました。
仙台で 一番の観光地です。清掃し 安全を確保し お客さを迎えるの事が大事です。

2011年3月11日14時の局長も 現局長も 率先現場を確認、指揮を執りました。
士気が上がります。笑顔が増えます。お客様に喜ばれます。


9時早々から お客様 黄金週間時 同様 怒涛の如くです。

即 ガイド依頼
東京からの小学5年生筆頭4人と3人の母親。
筆頭の五年生男子 政宗公について 詳細に知っています。

聞きました。
1.政宗公御木像は 何故 両眼 パッリしているか?
 答 100点です。 あかとんぼの台詞と表現が異なりましたが(当然です) 基本は正確でした。

2.伊達家の由来は?
 答 80点でした。「源頼朝の時代 米沢に入りました」と 答ました。
   それは 急ぎすぎです。1189年(文治5年)源頼朝から 現在の福島県伊達郡(伊達市)頂き、後 米沢に移りました。

参道の石灯篭 名札が出ています。
片倉小十郎重長、古内主膳重廣、茂庭周防守良綱、亘理伯耆守宗根・・・・9人 知っていました。
片倉小十郎重長と片倉小十郎景綱を 混同しませんでした。

東京の小学5年生をガイド仲間に 誘うわけにはいきませんが 誘いたい位の知識を持って居ました。

お母様も熱心に聞いてくれました。
最後に お一人 30秒間隔で 真正面で 欠伸を連続されました。ショック。


神戸からのペア

案内板からガイドを始めました。狩野安信画を指して「どなたでしょうか?」に 一発 「徳川家康」と予想された答えが返って来ました。
政宗公がダテオトコと言われました。今の イケメンでしょうか?」

「僕 イケメンでしょう。ダテオトコと云われています」  誠に人間 素直な方です。
ガイドを聞いて最中 右目を 時々 ツムリます。閉じます。 心底 政宗公になり切っているのか?


大分の御夫妻と視力障害者

大分からのお客様 遠方です。滅多にガイドをする機会がありません。

大分の殿様は?・・・・に
「大友宗麟 です。お墓はありません」と返って来ました。

Wikpediaによれば
墓は大分県津久見市内と京都市北区の龍寶山大徳寺の塔頭寺院である瑞峯院にある。さらに津久見市上宮本町の響流山長泉寺に位牌がある。肖像画は瑞峯院に所蔵されている。宗麟の死の直後はキリスト教式の葬儀が行われ墓は自邸に設けられたが、後に義統が改めて府内の大知寺で仏式の葬儀を行い墓地も仏式のものに改めた。その後、墓は荒廃したが寛政年間(1789〜1801年)に宗麟の家臣の末裔である臼杵城豊が自費で改葬した。津久見市内の現在の墓所は昭和52年(1977年)に当時の大分市長・上田保によって新たにキリスト教式の墓として、従来の場所から移されたものである とありました。

涅槃門をガイドしていたら 視力障害者 男女2名に 女性支援者2名が ガイドを求めましたので 大分の方の了解を頂き ガイドを継続しました。

声を幾分 大きくし 色・形・寸法を具体的に語りました。

萩の花 盛りです。 小枝を折って宜しいか 支援者から求められ 応諾しました。
手の平で 萩を確かめ 楽しんでいました。 
元国宝の竜頭 説明後 触って良いかで、 撫でて頂きました。

本殿前で 政宗公御木像の説明の際 目玉 隻眼を 如何に語るか 躊躇しました。
健常者に対する説明と同様にしました。 4人からクレーム無く 素直に受け入れて頂きました。

「片目の視力を失った原因の病気 疱瘡は日本では 絶滅した。また 近代医学では 視力回復出来ると申している医者がいます」を 特に付言しました。

楽しんで頂きました。握手を求められました。感激。

売店に立ち寄られました際 名刺を頂きました。
社会福祉法人・仙台市障害者福祉協会・五橋あいはーと の伊藤郁子(サービス提供責任者)様と他1名に お客様は山形県酒田市からでした。

「私共は 通常 予約はうけませんが、視力障害があり 平日 混まない時に参拝したいであれば 公益財団法人瑞鳳殿にご相談くだされば、対応致します」と 話しました。


今日は何の日

老人の日 で祝日でした。
以前は 敬老の日 と称しましたが 老人が多くなりすぎ 敬っていられなく 老人の日に 改正し 日も 変えた と識者が解説していました。
ホントウかな?



9 月 17 日 (日)  



お客様の出足が早く 沢山 間断なく お詣りに見えました。

8時50分 職員駐車場入口を封鎖している車。新潟のナンバーです。
カーナビの地図 更新されていないのでは?

事務所では 地図会社に 是正を 申し入れし、最新のナビは お客様駐車場に誘導していますが。

9時 「課長」の感じのお客様。ホテルから徒歩で30分。
 10時から会議。その前に政宗公に参拝 「会議での完勝を期す」と。

政宗公のご生涯は 当然熟知されており 涅槃門の彫刻、本殿の政宗公御木像を 中心に紹介しました。

9時30分 本日の決戦場の仙台市街地 某所に向かわれました。

戦勝祈願に参拝は 慶応4(1868)年4月2日 政宗公殉死者 大槻喜右衛門定安 61歳の子孫 大槻安広が 会津追討の片倉小十郎四の手 伊達数馬の加勢を命じられ 出陣の際 瑞鳳山祖廟(瑞鳳殿)に墓参以来では?
149年振りの快挙???


9時半 東京からのご婦人 2人
10時山形県内陸部からの3姉妹

「お客様は山形での お生まれですか? ご案内します 政宗公も 山形生れです」
「エッ 何処?」
「永禄10年8月3日(1567年9月5日) 米澤城で生まれました」
「ヘー 知らなかった」

資料館も 丹念にご覧くださいました。


10時40分頃 宇和島市からのお客様
「10日退任された石橋宇和島市長の企画で、 櫻開花観測隊員として2009年に1ケ月 宇和島に滞在しました」と 自己紹介・御礼をしました。

宇和島と共通する 家紋の数々 竹に雀 の変化等を丁寧に ガイドをしました。


11時20分
大阪のご婦人 東京お嬢さん、老夫婦様を ガイド。
12時 予報の通り 雨が降って来ました。 ガイド終了。

拝殿か 四阿山で 腰をおろす機会があり助かりました。忙しかった。



神君

過日 ガイドの際 入口の 狩野安信画 を見て 「神君」と叫ばれる方がいました。

神君とは 通常 徳川家康 を差しています。
神になり 仏にも なっています。

神号が 東照大権現
戒名は 東照大権現安国院殿徳蓮社崇譽(誉)道和大居士


伊達政宗公も 佛になり 神になっております。でも 神君とは 呼ばれません。

戒名が 瑞巌寺殿貞山禅利大居士 菩提寺が 青龍山瑞巌円福禅寺
神号は 武振彦命        神社は 青葉神社 (創建1874(明治7)年2月7日



9 月 16 日 (土)  



東北工業大学 緑の学校

夏季楽習教室に参加。学習でなく楽習であるところがミソ
紙資料では無くDVD-RW3Gを 配布。

参加者 高齢者ばかりで 先生心配になったか「パソコンお持ちですね。開けますね」と 念を押されました。

DVD 開けました。目次を見る限り 紙資料なら 優に10cmの厚さになります。
貴重な資料 充満です。
例えば 仙臺城鳥瞰図  大橋袂 片倉家屋敷と廣瀬川との間に 2重の石垣と道路が記載されています。

先生が 図・写真で説明する都度 周囲に聞こえる声で解説するオバサンがいました。
オバサンは小声の独り言らしいですが、耳障りです。耳の遠い先生も 気が付いて「ミナサンに分かるように話してください」と注意。
とまりました。 五月蠅い 廊下にでろ と言わないで 騒音を 止める。さすが 年功を食った先生です。


瑞鳳殿ガイド

午後のガイド 久々です。
K副会長と 報連相の合間に ガイド依頼 ひっきりなし。他の会員が対応してくれました。
只のガイドの会ですが 運営には 報連相が求められます。

東京・大阪と先週 仙台に転勤になったお嬢さんの3人組み
東京からのご夫妻と 子供夫婦2組の団体。

熱心に聞いて下さいます。お客様は3連休 初日の午後故か ゴールデンウイーク並みです。
15時から 仙台藩志会の会議があり 心残りながら 14時50分 お終い。

明日の天候が 心配です。

19:52に NHKブラタモリに 高野山の伊達家の墓所が 紹介されたと お客様からmailが入りました。
見逃しましたが 再放送がありません。 残念でした。



9 月 15 日 (金)  



青龍山瑞巌円福禅寺

松島・瑞巌寺 さんの正式名称です。

仙台藩志会主催 伊達学塾公開講座に 「瑞巌寺と伊達家」の演題で 講演を 瑞巌寺寶物館青龍殿堀野真澄学芸員に お願いに参りました。

ご快諾頂きました。
2018年1月27日14時 戦災復興記念館です。

講演日について ご都合を伺っていましたら 「24日は政宗公の月命日法要があります」 との事。
5月24日ではなく、6月24日 藩祖忌 が営まれていたは知っていました。が、月命日法要は意識していませんでした。不覚でした。



みちのく伊達政宗歴史館

瑞巌寺・観瀾亭と並ぶ 松島町三大名所 みちのく伊達政宗歴史館には ここ数年 訪れていませんでした。

パンフレットA4を二つ折りの表紙に「ふりかえり 語り伝えよう みちのくが生んだ英雄 政宗公の生涯と 東北の豊かな知性と学問の偉人達
再認識、再評価しなければならぬ東北 そこに生まれ、育った 数多い偉人達に 光を当てて見直してみよう」とあり

裏一面に「伊達政宗公の生涯」と題して 生誕から瑞鳳殿に祀られるまで ギッシリと書かれています。
音声解説のほか 7ケ国語(日・韓・中・米・英・仏・独・西班牙)で 解説文があり、(館長からの一言)なる 味のあるポイント解説がありました。

全館隈なく見学・記憶すると  政宗検定があれば 一発合格です。

内容の充実のほか 館内撮影自由です。館長の器量に敬意を表します。  





9 月 14 日 (木)  



お客様はただ1人

難関ご当地検定として知られる宮城マスター検定1級の合格者で作る「いっきゅう会」阪本松男事務局長。
予てからご依頼がありました。本日 漸う 両者都合がついての ガイドです。

瑞鳳殿・経ケ峯を90分で 一般的なお客様をガイドするグレードでガイドをして欲しい とのご要望。
と申せ 何しろ 宮城マスター検定1級の合格者です。知識は十分に持っています。
予想どうり 知識の発露がありました。

資料館・御子様御廟を除き 辛うじて90分で 経ケ峯をまわりました。

詰所に戻り ご質問を受けました。(会の活動を聞きたいと事前に連絡がありました)

1.瑞鳳殿ガイドの会の目的は?
2.設立年月は?・・・2006年07月20日
3.会員総数は?・・・36人
4.最高・最低年齢H?・・・87歳から22歳
5.男女構成は?・・・2:1
6.会員の意識は?平準化策は?
7.会員の募集は?
8.公益財団法人瑞鳳殿組織の一部か?

時代考証学会in仙台「伊達政宗と時代劇メデイア 地域の歴史・文化を描き、伝えること」に
あかとんぼの報告「市民が伝える伊達政宗 瑞鳳殿ガイドの会の活動を通じて」と題しての報告が掲載されています。

質疑応答での不足を 補って下さいと 1冊差し上げました。

ガイド中に話題になりました 満海上人と政宗公について、仙台藩志会会報「藩報きずな」に 「生まれ変わり伝説・政宗公と満海上人 因縁の地 経ケ峯と黒沼」 と題して一文を掲載しましたので、参考までと1冊差し上げました。


阪本様から 「いっきゅう会」の公式ブログを見てください との要望 (お気に入りに登録済)

ブログ 「伊達政宗騎馬像の今と昔 番外編B −騎馬像の原型を見に行こう!」に、(政宗公騎馬像 初代の胸像が 三の丸に、二代目が 本丸にあり、同じ鋳型で造られた)と 言い伝えれて来ましたが そうではない。そこは・・・・・・。

詳しいことは https://ameblo.jp/19-kai/entry-12310316681.html をご覧ください。



9 月 12 日 (火)  



生涯学習ガイド

名取市舘越公民館{男塾」15人
60〜70代前半の若手男性。
邑の史跡を勉強し ガイド団体を立ち上げる目的で 本日は開講式を兼ねての勉強会。

政宗公の御霊屋 瑞鳳殿等を70分で参拝し、仙台市博物館見学のコースです。
バス下車から乗車まで70分で経ケ峯を巡るは 忙しいです。


ガイド団体を立ち上げに 市役所の全面的支援・庇護を求めているようです。
「行政から どの様な支援・庇護を受けているか」 の質問がありました。

「所謂 アゴ・アシ・ケガ 全て自己責任・自己負担です。行政からの補助金等は1円もありません。会員の会費等で運営しています。
仙台市の外郭団体に 登録はしております」と答えました。




瑞鳳寺山門前に置いた 足腰不自由な人に利用して頂く杖。 
ゼロ 皆無となりました。

テレビの水戸黄門の杖と同じ 握り手が瘤になっており 非常に使い易い杖でした。
使い易い杖で 返すの忘れた、参拝記念品にされたか?
あなたの後から 参拝される方 困っています。

丸森町金山城保存会の方々が奉納されたものでした。
公益財団法人瑞鳳殿では 「無くなりました。お願いします」とは 言えない と洩らしていました。


記事訂正

10日の伊達政宗公生誕450年記念講演会の記事で、仙台藩志会 を 仙台藩士会 と誤記されたこと。
河北新報は 訂正の記事を掲載しました。

仙台藩志会からの訂正申し入れの結果です。何人 見てくれるか?
(昨夕 仙台藩志会広報部長から 訂正記事掲載されますと連絡はありました)



9 月 11 日 (月)  



瑞鳳殿に

早朝7時30分 「伊達家ご当主と公益財団法人瑞鳳殿副理事長に9日の生誕450年記念式典等が恙なく出来たお礼を申し上げたい。ついては露払いを」と 仙台藩志会Y部長から電話。


事務所に(露払い) 瑞鳳殿・感仙殿を撮影しながらポイントガイド。


ご挨拶後 伊達学塾講師依頼について Y部長等と協議。

参拝客 続々と 雨の土曜日より多いです。

今日はこの後 予定があり ガイド出来ないのは お客様に申し訳ない思い。



JTB VIPプラン担当のMさんから 「仙台市博物館は月曜日休館です。仙台市博物館に行きたいと言う お客様います。
あかとんぼ さんならどうしますか?」の お尋ね。

「私は お客様が 若い・歩ける と判断したら 
(仙台市博物館は 仙臺城三の丸跡です。中庭には 政宗公の胸像があります。
撮影に絶好のポジションです。本丸址の騎馬像では 見えない 政宗公のお顔が 目の前で {独眼とは}を よく観察できます。

中国からのお客様であれば 魯迅の碑 中華人民共和国主席お手植の記念樹の ご覧を勧めます。

そこから 清水門址から坂道を登って頂きます。
沢門址までの 左右の石垣は 政宗公の時代の石積(野面積)です。

この道は 政宗公が 本丸から三の丸迄を往復された際 歩かれた道です。政宗公の疑似体験が 出来ます。

更に 歩を進めれば 本丸址の垂直17mの石垣を横目に 本丸に到達します。
本丸跡からの展望は 絶景 殿様になった気分です」

と ご案内しています と 伝えました。

仙台市博物館開館の日は 常設展の瑞鳳殿から発掘された政宗公副葬品の見学を勧めています。





9 月 10 日 (日)  



暑いです。

生誕450年記念式典等続き

河北新報 市内版に 報じられました。
ご当主の笑顔 素晴らしいです。 流石 プロの撮影は違います。

記事 1ケ所 大きい誤りがありました。仙台藩志会主催なのに 仙台藩士会となっています。
記者・校正デスクの勉強不足か? 仙台藩志会の広報不足か?

今回 マスコミ
河北新報社を筆頭に 朝日新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞、時事通信、NHK、東北放送、仙台放送、宮城テレビ、東日本放送、エフエム仙台の各社のご後援を頂いております。

後援イコール報道に つながらない事もあるのでしょうか?



ガイド

津軽からの40代御夫妻  津軽家・津軽ヒバに関心がありませんでした。
東京からの60代御夫妻 3組 連続しました。江戸っ子だはありませんでした。
長野からの60代御夫妻 教育県と言われた時代に学ばれたか 長野県の歴史に精通していました。

9時から 5組連続  


自然

大きい蝶が ベンチ待機している あかとんぼの周囲を低空飛行しました。
黒色・縞から 政宗公の兜を連想させます。

Mさん 「アッ マサムネ様」との叫び。

羽 広げると 120〜150cmあります。
昆虫図鑑で探しました。(クロアゲハ)では?

蝉 ミーン・ミーン ゆく夏を惜しみ 鳴いています。 



9 月 9 日 (土)  



仙台藩志会 伊達政宗公生誕450年記念式典等


記念式典 13:30

式辞 仙台藩志会会長  伊達宗行
祝辞 伊達家18代当主  伊達泰宗様
    宮城県知事     村井嘉浩様(副知事 河端章好様)
    仙台市長       郡和子様

来賓 一関田村家御当主田村護顕様、宇和島市長石橋寛人様、一関藩志会会長小山眞様、公益財団法人瑞鳳殿副理事長相澤清志様
    ほか500人

講演会 14:00

特別講演 「父輝宗・母義姫と政宗」
       仙台藩志会顧問 仙台市博物館元館長 佐藤憲一様

記念式典 「現代に伝える(伊達なり)の心」
       仙台藩志会総裁 伊達家18代当主    伊達泰宗様

聴衆   瑞鳳殿ガイドの会会員15人、日本の歴女磯部深雪様、伊達武将隊の支倉常長様ほか 950余人

感想 特別講演と記念講演と 通して聴講された方、いずれか一方を聴講された方 
    何れも 「近来に無い よい講演でした」と申して下さいました。

    「椅子の間 狭隘で苦しかった。(会場の許容範囲 でした)」
    と申して下さいました。

    企画から 参加した身に 有難い お言葉でした。


祝賀会 17:30

祝舞・日本舞踊 「千代の壽」 直派若柳流理事 若柳梅京
挨拶    記念事業実行委員長 仙台藩志会副会長 佐藤久一郎

祝辞    米沢市舘山寺(カンザンジ)住職  山口卓道様
       宇和島市長 石橋寛久様
       仙台市議会議長 岡部恒司 様

乾杯    大崎八幡宮宮司 小野目博昭 様
閉会    仙台藩志会専務 加藤孝

瑞巌寺住職天野泰俊さま ほか200人出席 

感想 祝舞「千代の壽」を舞れた若柳梅京さん 前日迄の韓国公演で腰痛になり イタイ・イタイと言いながら「頑張ります」と。
    プロの根性でしょうか? 見事に舞ました。

    2009年の櫻開花開花観測で 宇和島1ケ月滞在しました。
    この企画を 承認。実行されたのが 石橋寛久宇和島市長でした。
    明日10日で 市長の任期が満了になる ご多用のなか 政宗公と秀宗公・忠宗公との親子・兄弟関係からの姉妹都市関係の充実を図られた 石橋市長に 感謝を込めた万雷の拍手でした。

    料理は とやかく申しません。甘い不思議なデザート出ましたが コヒーが出ませんでした。カップは出ました。
    口の中 甘く・・・  マイッタ。 面白いホテルでした。

    本日10時前から設営・受付があり、式典・講演聴講に参加出来ませんでした。
    20時残務処理解散迄 年齢を誤認されながら努めました。努められた事 満足です。 




9 月 8 日 (金)  



爽やか秋晴れ

明日 政宗公生誕450年記念式典等の裏方。10時集合 21時解散の予定です。
ガイドを休みます。本日は 明日の分です。

瑞鳳殿迄 1時間を要しました。
原因は 8時57分木町通2丁目で発生した火災での消火活動に伴う車線規制です。

福島県からの中学生のグループ学習が 既に見えていました。
昼まで 間断なく 訪れました。ガイド3人居ましたが ガイド依頼は一組のみ。

学校で 「知らない人に声をかけるな」と 指導されているのか?
積極的にガイドを活用する学校もあります。
地域差 学校差 があります。

お客様 週末並みです。

神戸からの女性3人

妙雲界廟までガイドをしました。最後クダケまして
「神戸空港から 格安航空会社の仙台便か開通しましたので、〇〇年前に 〇〇学校を卒業した同級生です。 〇〇の仕事 現役です」
と 語り 「アッ 歳 ばれた」と 呵々大笑していました。

学校を卒業した20〜22歳に (〇〇年前)を加えると 現在年齢が瞬時にでます。
マスコミを賑わしている方々と同年配です。


神奈川県からの成人親子4人

疲れたと申し 62石段を下り帰るとの事でした。
この帰り際 父親 石の産地、組み方等 ネチネチと 質問を始めました。

江戸時代の物は 仙臺城もここ瑞鳳殿も 城下北西部から産出した(三滝安山岩)です。
国見の山から 牛が運びました。で、牛が唸ったので(ウナリサカ)の地名が残りました。

仙臺城石垣は 組み直しをしており、その際 いつの時代であるかの検証に ここ経ケ峯の石垣が時代考証に使用されています。
3.11震災での 石垣・石灯篭の倒壊等 現場に戻り ご説明いたします。

いや そこまでは イラナイ。
お客様 石匠さんですか?


名掛丁の人

あかとんぼ と同年配のご婦人。拝殿で休息していたら「家紋教えて」
「九曜紋 実家の家紋です。名掛丁にありました(仙台駅東側を意識している様子)」

伊達家臣録によれば、御名掛組76人とあり 16〜48石とあります。
この76人の末裔でしょうか?謎です。

紅葉の頃 再訪されるそうです。



9 月 7 日 (木)  



政宗公生誕450年記念式典等

政宗公は 1567年9月5日に生誕されました。
私的 祝賀会は 当日催されました。
公式の催事は 9日(土)に 催されます。

仙台藩志会主催の式典は13時30分から 仙台国際ホテル(青葉区中央4-6-1)平成の間 で催されます。

伊達家御当主、別家田村家御当主、宮城県知事、仙台市長、宇和島市長、始め 政宗公縁の地からの官民、仙台藩志会会員
500人程 出席されます。

続いての講演会

演題「父輝宗・母義姫と政宗」で、講師 佐藤憲一様(仙台藩志会顧問・仙台市博物館元館長)
演題{現代に伝える(伊達なり)の心」で 講師 伊達泰宗様(仙台藩志会総裁 伊達家18代当主)

に、式典参加者に 政宗公・伊達家に関心のある方々 800人程の参加が見込めれています。

13時30分 式典が始まりますと 厳粛性保持から 会場入室を規制します。
式典参加のご案内が無かった市民の方は それ以前の入場をお勧めします。


政宗公生誕記念の講演会 各団体で開催されます。
9日 競合した 聞きたかった講演会

1.
主催 宮城県歴史科学研究会年次大会
演題 誰が藩祖伊達政宗を祀るのか
講師 仙台市歴史民俗資料館 佐藤雅也 先生
会場 東北学院大学土樋 ホーイ記念館 3階
時刻 14時
補足 配布資料手配済
2.
主催 宮城県図書館
    みやぎ県民大学開放講座「叡智の杜を訪ねて」
演題 近代における伊達政宗
    (青葉神社創建)

講師 宮城県公文書館専門調査員 栗原 伸一郎 先生
時刻 10時30分
補足 演題カッコ書は 講師に直接確認した内容
    参照 宮城県公文書館だより31号掲載(伊達政宗と青葉神社)
    定員50名 満員締切
    




9 月 5 日 (火)  



伊達政宗公生誕の日

1567年9月5日午前8時頃(永禄10年8月3日康辰刻) 出羽國置賜郡長井荘米澤城で、
父輝宗(24歳)母義姫(20歳)の長子として生誕しました。

本日が生誕450年記念の日です。
午前8時に 歴爺 Uさん始め 歴女から 祝辞の交換がありました。


あかとんぼ のささやかな記念として

生れ変わり伝説・政宗公と満海上人 因縁の地 経ケ峯と黒沼」 と題する 1文を 
仙台藩志会会報「藩報きずな58号 伊達政宗公生誕450年記念特集号に寄稿しました。

9日の仙台藩志会主催 記念式典で配布されます。


本日の河北新報は 政宗公関連記事

@ 11頁に (独眼竜挑んだ道 生誕450年 第1部遺産 @まちづくり) の題で 菅野正道先生、木村浩二さんに取材を基に。
A 20頁全面 伊達な精神に学ぶ 先見と斬新、挑戦と創造 と題して ご当主伊達泰宗様、文化史家濱田直嗣氏、(株)橋本店社長佐々木宏明氏の鼎談が

B 22頁下段 独眼竜政宗 第162回そこに集いし者たち 千葉真弓著 まんが
C 17頁 宮城県主催で 大崎地方を会場に周遊型ゲーム「独眼竜の軌跡」を開催する

の4本が掲載されました。


9日の仙台藩志会主催 式典・講演会、祝賀会 が 最大の祝賀行事でしょう。

命日には法要を営みますが 誕生日を祝うのは 親子の身内のみで 公式に祝うのは 天皇陛下 だけでは。
 

仙台市史 年表には 生誕記念式典の記事はありません。

400年の1967(昭和42)年は 仙台城大手門脇櫓再建され 12月25日仙台市に寄付されました。
350年の1917(大正6)年は  戊辰の役殉難者50年弔祭が営まれました。
300年の1867(慶応3)年は  慶邦公の代  大政が奉還されました。
250年の1817(文化14)年は 斉宗公の代  仙台藩医学校が東二番丁に設立されました。
200年の1767(明和4)年は  重村公の代  利根川など関東諸川普請手伝役 命じられました。
150年の1717(享保2)年は  吉村公の代  4月に大地震で仙台城石垣崩落 7月には廣瀬川氾濫しました。
100年の1657(明暦3)年は  忠宗公の代  明暦の大火で 江戸(上・本・下)屋敷が焼失しました。



9 月 3 日 (日)  



爽やかです。金木犀がムズムズしています。

9時 東京のお嬢さんお一人 
政宗公の「いりそめて・・・ 」の解説から そのまま 本殿迄。

ホテルから 仙台城本丸跡まで 歩いて登られたそうです。(若さです)
瑞鳳殿に至る道 不明なので タクシーを利用とか。
瑞鳳殿参拝後 速やかに仙台駅に戻りたいとの事。

早くて、安くて、確実な 方法・手段は? と問われました。
路線バス 向山バス停「下の道 直進500mにバス停があり 仙台駅行が頻繁に来ます」と 教えました。 

仙台城本丸跡まで歩き、瑞鳳殿をお詣りすれば 目的達成とは 熱烈 政宗公フアン と感じました。


津軽は金木町からのお嬢さんお一人

太宰治・斜陽館・地吹雪ツアー までは 話は共通しましたが 弘前・津軽家墓所は 予想通り 不知でした。

涅槃門の用材は 「津軽ヒバです」に 何故 津軽ヒバなのか? 
津軽でも 手に入らない 高価木材と洩らされました。


千客万来 です。 休む時間ありませんでした。

由利本荘市からのお客様 三世代7人 伊達家・佐竹家・由利本荘地区の殿様等 学習されてから お出でになられた様です。
チクチク 質問されます。

本日 最大の御客様は 伊予宇和島からのお客様
2009年櫻開花観測でお世話になった S様と その奥様・御嬢様 本殿迄 で 予告なし 突然 お出でなられ 
「あかとんぼさん」
イヤー ビックリ です。
  
旅行の途中で 奥様は仙台が初めてなので途中下車・立ち寄った。
瑞鳳殿と仙台城本丸跡を観光し 和霊神社を参拝されて 本日中 宇和島に帰るとの 忙しい行程です。


宇和島の和霊神社は 宇和島の守護神で、その祭典は そのまま 宇和島の夏祭りに なっています。
仙台の 青葉祭 は可愛いものです。

その和霊神社は 一番町の商業ビルの屋上に 小さいお社です。
奥様 警備員に案内されての和霊神社を参拝に どんな感想を抱かれたか?

後 予定があり ゆっくりした時間が取れず 十分なおもてなしが出来なかった事 悔やまれます。



9 月 2 日 (土)  



経ケ峯公園は今日も雨だった。

小雨 お客様の出足は イマイチ
ガイドも O様と二人。



9 月 1 日 (金)  



聞き違い?

過日 とある市民センターのとある講座に参加しました。

「仙台城下 街道口に 足軽が配置され 関所が設置され 入鉄砲・出女を取り締まった 出女は人口減少対策です」と 語られました。

これまで学習した 内容と異なりなります。


仙台藩歴史用語辞典(仙台郷土研究会刊)を 紐解き 確認ました。以下の通りです。


丁切・丁切根(チョウギリ・チョウギリネ)

町のはずれ(端)は「丁切」という柵が設けられて、夜分の警戒の柵とした。
丁切のきわの屋敷は「どこ町の丁切根」と呼ばれた。

河原町・八幡町・原町・堤町など城下のはずれに扉のついた丁切が設けられていた。


境目足軽

領地の境界に配置された足軽

境横目

藩境の番所役人


境目番所 17ケ所

(江刺郡) 人首、
(胆沢郡) 相去、下×江、
(栗原郡) 鬼首、
(玉造郡) 尿前、
(加美郡) 寒風澤、門澤、軽井沢、
(宮城郡) 坂下、
(名取郡) 二口、
(柴田郡) 笹谷、
(刈田郡) 湯原、戸澤、越河、
(伊具郡) 峠、水澤、
(宇田郡) 駒ケ嶺


仙台市史近世2 警察・消防の整備 152頁に
足軽は本来軍事力の一部であるが、平時にはさまざまな警察的役割をはたしている。 
城下に詰める足軽のほか 城下への出入口、他領との境目、領内の要地などに配置された足軽がおり。
と記載しています。


丁切根は 足軽が配置されも 所謂 関所 の機能・権限を有していなかったのでは?


無記名アンケートでありながら、記載内容確認に電話がありました。
アンケート記載の際 無責任に記載しません。 が、 記載者を特定 電話されたのは 初めてです。





inserted by FC2 system